top of page
検索

モノガタリ:米空軍太平洋音楽隊を東京で録音しました

米空軍太平洋音楽隊を東京で録音

Album cover art for "Monogatari" by the US Air Force Band, Pacific Showcase
米空軍音楽隊パシフィック・ショーケースによる『物語』のアルバム・ジャケット・アート

2023年の2月下旬から3月上旬にかけて、米空軍太平洋音楽隊のジャズ・アンサンブル、パシフィック・ショーケースのレコーディング・エンジニアとして音楽の旅に出た。この創造的な試みの背景となったのは、東京の中心部にある素晴らしい音響ハウス・スタジオで、5日間を費やして、特別なアルバムとなる作品を作り上げた。


Onkio Haus main booth, view from the top
音響ハウスのメインブース、上からの眺め

この才能あるアンサンブルを紹介されたのは、バンドのテナー・サックス奏者でアレンジャーのイアン・オバーン(Ian O'Beirne)だった。イアンの推薦により、バンドのマネージメントに作品を紹介する道が開かれた。私の過去のプロジェクトの例を検討した後、バンドはスタジオで彼らのマジックを捉える責任を託す決断をした。


Ian O'Beirne and Eitan Brown in the control room at Onkio Haus
音響ハウスのコントロールルームでのイアン・オベアンと一緒に

綿密な計画と準備のおかげで、プロジェクトはスムーズに展開した。レコーディング・セッションが始まる数ヶ月前から、専属プロデューサーのジェフ・バレンタインと一緒に、バンド・メンバーのイアン・オバーンと緊密に連絡を取り合いながら、包括的な計画を立て、細部まで入念に検討した。卓越性と音楽制作の芸術に対する共通のコミットメントが、チーム全体の期待感と興奮を煽った。


Left to right: Wallace (Asst. Engineer), Eitan Brown, Jeff Valentine, Kai (2nd Asst. Engineer) at Onkio Haus
左から:呂秉勳さん、エイタン・ブラウン、ジェフ・バレンタイン、カイさん。写真:ジェフ・バレンタイン

東京のオンキオハウス・スタジオは、音楽活動を完璧にサポートしてくれました。スタジオスタッフのプロフェッショナリズムと自由に使える最新鋭の機材は、私たちがアルバムに込めたサウンド・ビジョンを完全に実現することを保証してくれた。最初のセットアップから最後の仕上げまで、レコーディング・プロセスのすべてのステップに、目的意識と献身が注ぎ込まれた。


Drum kit and mics at Onkio Haus
ドラムブースのセッティング。写真:ジェフ・バレンタイン

Mics and chairs setup for jazz band brass section at Onkio Haus
ブラス・セクションのポジショニングとマイクのセットアップ。写真:ジェフ・バレンタイン

「ミニ・ビッグバンド」と呼ばれるジャズ・アンサンブル(サックス3人、トランペット2人、トロンボーン2人、ドラムス、ウッドベース、ピアノ、ギター、ヴォーカル2人)と仕事をするのは、それなりの困難とやりがいがあった。金管楽器からパーカッションまで、ダイナミックな楽器の音域は、それぞれのニュアンスをとらえる鋭い耳と正確な技術力を必要とした。5日間を通して、スタジオは才能ある人々が真に特別なものを創り出すために結集するエネルギーでざわめいた。各ミュージシャンの技術への献身は、完璧な演奏のために費やされた時間を見れば明らかだった。プロデューサーとしてのジェフ・バレンタインの専門知識は、貴重なガイダンスを提供し、ミュージシャンたちの卓越したパフォーマンスを鼓舞し、レコーディング・プロセスが集中力と生産性を維持できるようにした。ミュージシャン、プロデューサー、スタジオ・スタッフ間の協力的な精神は、創造性と仲間意識の雰囲気を作り出し、レコーディング体験全体を向上させた。


Jazz ensemble brass section, view from the control room at Onkio Haus
テイクリハーサルをガラス越しに見る

レコーディング・エンジニアとしての役割は、バンドのサウンドの本質を捉え、それを彼らの表現するビジョンを正確に反映したレコーディングに変換することでした。彼らが求めているサウンドを確実に理解するために、最初からバンドのメンバーと相談しました。バンドと交わした会話は、マイクの選択や配置、機材やセッティングの選択、録音レベルに至るまで、技術的な決定事項のすべてに反映された。アンサンブルとコミュニケーションをとることで、この仕事は達成できるだけでなく、非常に楽しいものになった。互いを尊重し、音楽への情熱を共有することで、創造性が花開く環境が育まれた。


Musicians listening in a studio control room
3日目の朝、前日の仕事を聞き返す。写真:ジェフ・バレンタイン


レコーディング・セッションの後、個々のトラックをまとまりのある洗練された最終製品に仕上げる責任は、プロデューサーのジェフ・ヴァレンタインにあった。音のバランスに対する鋭いセンスとクリエイティブな才能を持つジェフは、ミキシング・プロセスを担当し、各楽器が音楽のタペストリーの中で正当な位置を占めるようにした。



ジェフ・ヴァレンタインが最終ミックスを納品すると、バンドはアルバムの最終仕上げにふさわしいマスタリング・エンジニアを探した。バンドの客観性を保ち、卓越性を追求する一貫性を保つため、複数のマスタリング・エンジニアにアルバムから1トラックをマスタリングしてもらい、ブラインド・リスニング・テストに提出するよう依頼した。バンド・メンバーで構成されるパネルが、リネームされレベル・マッチングされたマスターを聴き、彼らが音質のみを基準にして選ぶことを確認した。私は、パネル全員一致でアルバムのマスタリングに抜擢され、身の引き締まる思いだった。そこで、私の役割はマスタリングの段階にまで及び。全体的な音質を最適化するための最終的な仕上げを施し、アルバムがリスナーにとって音的に豊かで没入感のある体験となるようにした。


Record button illuminated
レコーディング中

このように、ジェフと私はポストプロダクションの間、タッグを組んで共同作業を続け、この音楽の旅のあらゆる段階を定義するサウンドの完全性へのコミットメントを共有した。一緒にニュアンスとダイナミクスを微調整し、全員が世界に誇れるアルバムに仕上げた。


Jeff Valentine, Eitan Brown, Lencys Esteban-Nuñez, Jason Plosch at Onkio Haus
プロダクション・チーム。左から:ジェフ・バレンタイン軍曹、エイタン・ブラウン、レンシス・エステバン=ヌニェス軍曹、ジェイソン・プロッシュ中佐。

結論として、東京の音響ハウス・スタジオで米空軍太平洋音楽隊のジャズ・アンサンブルをレコーディングした経験は、プロ意識、才能、仲間意識が調和したものだった。このアルバムは、バンドのメンバーそれぞれの才能と献身を示すものだ。プリプロダクションの準備から最終的なマスターまでの道のりは、世界中のミュージシャン、プロデューサー、レコーディング・エンジニア、そして音楽愛好家を結びつける、音楽への情熱の結集の証だった。


USAF Band of the Pacific, Pacific Showcase at Onkio Haus
米空軍太平洋音楽隊パシフィック・ショーケース、音響ハウスで

アルバム『ものがたり』は、バンドのライブ会場でCDを無料配布している。

バンドの詳細や公演スケジュールについては、ホームページまたはFacebookページをご覧ください。



Coin of the US Air Force Band of the Pacific.
レコーディングの終わりに、プロッシュ中佐は米空軍太平洋音楽隊のコインを贈ってくれた。

Comments


bottom of page